チャーガの使い方

チャーガとは

チャーガ(学名:Inonotus obliquus)は白樺など落葉樹に寄生して成長する菌類です。 チャーガ茶は何百年もの間健康飲料として、伝統医学で使用されてきました。 チャーガの抗酸化値は非常に高いです。

チャーガは免疫システムを強化しながら、環境要因に適応し、環境要因が及ぼすダメージを避けて、身体能力を高めるアダプトゲンです。

チャーガには、例えば、フェノール類、ステロール類、ベータグルカン、トリテルペン、メラニンおよび抗細菌ベツリンなど、200以上の化合物が含まれています。ベツリンは、臨床検査で抗発癌性を示すことが証明されています。

チャーガ茶のレシピ

Natural Nordic Chaga tea

1. 1/4 dlのチャーガ(ひき割り粉、粉末より粗い質感)を水2ℓで、

2. 15分から30分程度、弱火で煮だします。

3. 火からおろした後、しばらくそのままにして蒸らし、茶こしでこします。

4. お好みで蜂蜜を入れてお召し上がりください。

チャーガの伝統的な使用法

チャーガは1500年代のシベリアで消化器系の治療に使われたり、ハンティ人に心臓と肝臓の疾患を治すのに使われて以来、北欧の民間療法で広く使われてきました。

伝統的にチャーガは、傷と発疹の治癒を助けるパウダーとして、あるいは疲労を撃退しリフレッシュするために愛用されています。

お茶以外に、チャーガではチンキ剤を作ることもできます。

注:

抗生物質と静注グルコースはチャーガの拮抗薬であり、チャーガと一緒に使用することはお勧めできません。チャーガは菌類なので、きのこアレルギーの方は摂取を控えることをお勧めします。

日本語 ja