ワイルドハーブの使い方

インフュージョン

押しつぶした葉と花と茎

ティーポットに水0.5ℓあたり大さじ1杯の乾燥ハーブを入れます。沸騰する直前ぐらいのお湯(80℃)をかけるのがベストです。 10〜15分蒸らしましょう。

煎じ薬

根、木質部分(チャーガ)、種子、樹皮

ハーブを煮て沸騰させます。鍋にふたをしたまま10〜20分間煮込みます。あら熱を取り、飲みやすい温度になるまで冷やしてからいただきます。

お料理やスイーツにも

粉砕または粉末化されたハーブ

毎日の食事の栄養価を高めるために、お料理やスイーツにふりかけてみましょう。 ヨーグルトやポリッジやミューズリー、お米やジャガイモに肉料理の付け合わせの野菜にかけてみても美味です。

ウェルネス

バスタブ、スキンケア、エキス、オイル、軟膏

お風呂や足湯につかりながら、インフュージョンをお肌ののトナー、ヘアリンスとして使用してください。 ハーブクラッシュは角質除去マスクの成分としても使えます。ハーブクラッシュを使ってエキスや軟膏や石鹸なども作れます。

注意

野生のハーブには薬効成分が多く含まれているため、1日2〜3杯を2週間飲み続けてからハーブの交換をすることをお勧めします。乾燥したワイルドハーブの推奨許容量は1日数グラム、つまり小さじ1〜2杯分の粉末ハーブに相当します。



日本語 ja